【HOME】 【メニュー】 【店舗】 【会社】 【クーポン】 【アクセス】 【食べ飲み放題】

エクストラコールドを飲むなら

 

氷点下の生ビールエクストラコールドが心斎橋で飲める

【エクストラコールドとは?】

それは限られた時間しかグラスに存在する事は無く

それは限られた店舗でしか飲む事ができない、最先端の温度管理システムと専用サーバーが生んだ、

氷点下(-2℃〜0℃)のスーパードライ

 

冴えわたるキレ。シャープなノドごし。五感の全てで味わう、かつてないスーパードライ体験を、あなたに。エクストラコールド。

 


氷点下の生ビール「エクストラコールド」が心斎橋で一番美味しく飲める店

普通のビールは約5度〜0度くらいの温度なのですが、


エクストラコールドでは0度〜-2度と氷点下の温度。

-3度からビールは凍り始めると言うことなので、凍る寸前の限界まで冷やした状態なのです。

これを安定して供給するために、アサヒビールではまったく新開発のビールサーバーを開発しました。

 

飲み比べるとその違いは歴然。普通の生ビールは、雑味が多いのに対し、

エクストラコールドは、雑味が無く、スッキリとキレを楽しむタイプ。

 

その時の、お客様のお好みで、2つのビールをお楽しみ下さい。

 


 

エクストラコールドも飲み放題の! 食べ飲み放題4,380→3,880円!

今月限定!食い倒れの街「大阪認定店」

 


エクストラコールドが注がれるのは、専用タンブラー(グラス)

きめ細やかな泡の口当たりは、非常になめらか、クリーミー。

ビールが苦くてちょっと苦手! という方にもおススメのビールです。

アサヒが生み出す渾身の生ビールエクストラコールド

 

エクストラコールドを飲んだ方の感想

 

驚くのは、ビールの泡のなめらかさだ!発泡酒では味わえない、

豊かでクリーミーな泡です。

で、今まで飲んだことのあるビールの中で、最もクリーミーな泡だったですね。

なんて言うんですか、スタバのキャラメルマキアートとかの泡みたいな感じ? シルキーな泡ってこういう感じなのかな?

泡の口当たりがよいから、スルスルスル〜っとビールが飲めてしまう。

あれ、苦みが少なくて、スッキリしてるなぁ。


エクストラコールドは、アサヒスーパードライの亜種で、氷点下2℃〜0℃という「水だったら氷ってるよ!」っていう温度で飲めるビールです。

その性質からか、夏場になるといろんなお店で展開されています。

僕はスーパードライなら冷えてたら冷えてるだけ好きなので、これは期待せずにはいられませんでした。

一口飲んでみるで「アッ!冷タイ!」となりました。

泡が冷たい部分を閉じ込めています。


従来のビールと比べてするするっと喉に入っていく感じ。

-2℃だからって氷水みたいに「冷たいっ!」って感じじゃなく”よく冷えてる”レベル。食べ物で言うと「新食感」って感じかな。

お試し用に用意された普通のスーパードライも飲んでみたんだけど、味が濃い、どっしりとした感じでこれはこれで良い。飲むときの体調にもよるかもしれない。

ただ、ビールが苦手な人が嫌がるような”苦味”が残ってしまう。エクストラコールドにはこの”苦味”が薄く、それでするするっと飲めるんですね。

※ スタッフさんの説明によると、温度を低くすると苦味が消えるらしく、僕みたいな感想を持つ人が多いみたい。

逆に”ビールならではの苦味”を求めて今までのビールを選ぶ人もいる様です。

食べログ話題の店

有名人多数来店
&メディア取材多数

大阪ミナミ【食べ放題部門】第一位


串カツに自信ありの店主「植田哲也」画像

幹事さんの株が
上がる店!

◎大阪案内に!

◎大阪観光に!

◎顧客満足度80%超!

◎〜30名様までOK

知る人ぞ知る隠れ家



UP限定お得情報配信の
メール会員登録はコチラ

心斎橋で人気の食べ飲み放題

*当店をご利用したことのある

お客様に限ります。

 

 

  • HOME
  • メニュー
  • 店舗紹介
  • 会社概要
  • クーポン
  • 串カツ/串揚げ
  • 安さの秘密
  • メディア掲載
  • アクセス
  • エクストラコールド
  • 食べ飲み放題
  • ネット通販